淡路島 かわい鍼灸院で腰痛治療 | よくある質問

よくある質問

よくある質問

どのような服装がよいですか?
脈診流経絡治療では、肘から手の先・膝から足先のツボをよく使います。お灸を使用致しますので、煙やにおいのついても大丈夫な物で半袖のシャツとハーフパンツをご用意ください。女性に限り当院で治療用のズボンを用意してあります。
予約制ですか?
当院では、予約制を取り入れて患者さまお一人お一人に向き合い治療する事、プライバシーの保護、治療中はゆったりとして頂くことの3つを大事にしております。当日の予約も受け入れておりますので、ご来院の前にお電話頂けますよう、よろしくお願い致します。
どのくらいのペースで治療したらよいですか?
症状により変わりますが、急性の物(ぎっくり腰や寝違い)は毎日か隔日で治療期間を縮めて3~5回ぐらいで症状が緩和します。慢性の物は最初は週1回から2回を勧めております。慢性症の場合は長年の生活習慣や体質が関係し、すぐには変わらないので一時的に良くなったからといって治療を中断してしまうとまた同じような症状が出てくる可能性があります。症状が緩和して来たら、月に1,2回メンテナンスのために通院して頂いております。。
小児はりの場合は、お子様の様子を見ながらご家族様と毎回相談して決めます。

ページの先頭へ

治療後にお風呂に入ってもいいですか?
お風呂は治療後2時間ほど経ってからでしたら、大丈夫です。
はりで感染しませんか?
当院では、使い捨ての鍼を使用しています。また、治療に当たる前には、治療側の手指消毒と鍼やお灸をするツボの消毒を行っております。
副作用はありませんか?
当院の治療法は身体の自然治癒力を引き出す方法です。患者様の身体を元に戻そうとする力を助けるように治療を行いますので副作用の心配はございません。ただし、まれに治療後に身体がだるいやしんどいと言った状態になる事があります。これを瞑眩反応(めんげんはんのう)と呼び、治療に対して身体が良くなる時に一時的に出る反応であり、一日、二日で治まります。

ページの先頭へ

鍼治療は痛くありませんか?
鍼は、軽く触れてもたわむ非常に細い物を使用しています。
また、鍼を痛くなく刺せるように全国(海外含)で活動している「東洋はり医学会」にて10年以上の研修を積んでおり、なお現在も技術の更なる向上のため、会に所属しております。
鍼の痛みとは違いますが、衛生面では、ディスポ鍼(一回限りの使い捨ての鍼)を使用し、安全面を考慮して、公衆衛生や人体解剖のセミナーに参加し知識を習得しております。
お灸は熱いですか?やけどをすることはありますか?
お灸は、知熱灸(ちねつきゅう)と呼ばれる温かさを感じれば、もぐさを身体から外す物や台座灸(だいざきゅう)と呼ばれる台の上にもぐさが乗っているタイプの物を使用しています。
知熱灸はもぐさが燃え尽きる前に終了し、台座灸はもぐさが直接皮膚につかないように台で皮膚を保護していますので両方ともやけどの心配はありません。
また、万が一に備えて、お灸中は何かあった時にでもすぐに対応できるように、そばから離れずに行っています。
生理中でも受けることはできますか?
生理中でも特に問題なく受けれます。
経絡治療を行う事で、月経前症候群(PMS)や様々な月経異常が改善されています。

ページの先頭へ

妊娠中や出産後でも受けることはできますか?
妊娠中には、つわりや逆子、腰痛、頭痛などのトラブルが多くあります。
また、当院が行っている経絡治療と呼ばれる鍼の仕方は、胃の不調や便秘と言った内臓の調子も改善しますので薬が飲めない時にも対応できます。
出産後は、骨盤のズレからくる腰痛、腱鞘炎、乳腺炎、冷えのぼせ、めまい、頭痛が起こる事があります。骨盤のズレからくる腰痛は鍼灸治療後に当院の骨盤調整を行っています。
また、乳腺炎は手足の東洋医学のツボを利用しますので乳房には一切触れませんので、ご相談下さい。
駐車場はありますか?
当院の前が駐車場になっております。
施術前・施術後に注意することはありますか?
施術前は、時間にゆとりを持って来て下さい。
急いでくると脈が速くなり脈診にて正確な情報が取れない事があります。
また、遅れて来られると次の患者さんに支障が出る事がありますので送れずにご来院下さい。
施術後は、激しい運動を控えて下さい。入浴は2時間ほど空けてからでお願いします。
また、正座を崩した時に初めは足先の感覚が麻痺している状態から、だんだんと痺れて、やがて足先が正常に戻るように、施術後はひどい身体の状態ですと、治っていく過程で一時ですが痛みやだるさが出る事もあります。好転反応と呼ばれ、分からなかった物が分かって来る治っていくための過程ですので、安静にしておいて次回来院時にご相談下さい。

ページの先頭へ

施術を受ける事ができないケースはありますか?
鍼は、ステンレスや金・銀で出来た物を使用しますので、
金属アレルギーのある方
インフルエンザなどの感染により高熱症状のある方
医師から絶対安静の指示のある方
は施術を受ける事ができません。
ご理解のほど、お願いいたします。

ご相談はお気軽にお問い合わせ下さい! 0799-70-1684 【受付時間】月・火・木・金・日・祝(8:30~19:00)土のみ(8:30~12:00) 【定休日】 水・第3日曜

インフォメーション

かわい鍼灸院
〒656-2131
兵庫県淡路市
志筑1871ステージ21 101

淡路島(淡路市・洲本市・南あわじ市) かわい鍼灸院の「やさしい鍼」と「温かい灸」で自然治癒力を高めませんか。

【営業時間】
月・火・木・金・日・祝(8:30~19:00)
土のみ(8:30~12:00)
【定休日】
水・第3日曜

0799-70-1684

Mail form