はり・きゅう施術について|淡路島 かわい鍼灸院

はり・きゅう施術について

当院の鍼灸施術、はり・きゅう施術について

治療期間について

一回の治療で、最大限の効果が出るように努めておりますが、症状(痛み・凝り・しびれ等)は玉ねぎの皮をむくように少しずつ緩和して行きます。
当院の行っている経絡治療は体質改善を行い、自然治癒力を引き出す物です。すなわち痛みや凝りの出にくい体にして行きます。また自律神経にも働きかけ内臓や血流の調子も整えます。
この治療を、運動能力や何かの技術習得する時のように繰り返し行う事で、体が良い状態に変わって行きます。

【急性の痛みの場合】
寝違えやぎっくり腰のような急な痛みの場合は毎日〜2日に一回の頻度で勧めております。
続けて治療を行う事で、早期に痛みが解消されます。

急性の治療期間

【慢性の痛みや筋肉の張りがある場合】
慢性の疾患はなかなかすぐには治りません。病院に数年通っているというケースもしばしば見受けられます。
鍼灸治療でも一回しただけで、数年来の痛みが全て解消される事は、ほぼありません。
最初は痛みが落ち着くまで週に2、3回繰り返し治療を行う事で、身体の持つ自然治癒力が働き始め治ってきます。
当院では、このような慢性の疾患の場合は、保険治療を勧めており、経済的負担を出来るだけ少なくして治療計画を立てさせて頂きます。

慢性の治療期間

【メンテナンス】
痛みや筋肉の張りは、日常生活より常に起こってきます。また、辛い生活を送って頂かないためにも、月に1、2回メンテナンスを勧めております。

自然治癒力を高めます

脈診流経絡治療は、経絡のバランスを調整し、身体が持っている治す力(自然治癒力)を高める治療法です。
本来、不調があると身体は勝手に治そうと働くのですが、何らかの原因により治す力が弱まっている事で、いつまでも不調が続きます。何らかの原因を探すために、脈やお腹や皮膚の状態を診させて頂きます。

経絡治療を続けることで、痛みや体の不調が良くなるだけでなく、「皮膚は臓腑の鏡」と言われ、内臓の調子が良くなることで、顔の色つやが良くなったり、むくみが改善されるなど、美容効果もあります。

未病について

東洋医学では、病気になる前の段階を「未(イマ)ダ病ニナラザル」と言い未病と呼んでいます。
自分では身体がだるい、調子が悪いと感じていても、各種検査を受けても原因がはっきりと出ないが、将来病気になるおそれのある状態です。
脈診流経絡治療では、そのような状態でも、脈・お腹・皮膚・顔色を診させて頂き、不調の根本原因を解決できるように手助け致します。

ご相談はお気軽にお問い合わせ下さい! 0799-70-1684 【受付時間】月・火・木・金・日・祝(8:30~19:00)土のみ(8:30~12:00) 【定休日】 水・第3日曜

インフォメーション

かわい鍼灸院
〒656-2131
兵庫県淡路市
志筑1871ステージ21 101

淡路島(淡路市・洲本市・南あわじ市) かわい鍼灸院の「やさしい鍼」と「温かい灸」で自然治癒力を高めませんか。

【営業時間】
月・火・木・金・日・祝(8:30~19:00)
土のみ(8:30~12:00)
【定休日】
水・第3日曜

0799-70-1684

Mail form